ゲストハウスとシェアハウスのスタイル

ゲストハウスとマンションの違い

Xゲストハウス(シェアハウス)と非常によく似た居住物件として、マンスリーマンションやウィークリーマンションといった物件があります。どちらも数週間~数カ月など短期的な滞在として利用されることが主になっている物件です。もちろん気に入った場合は数年単位で居住することも可能です。
ゲストハウス(シェアハウス)がそれら短期滞在型のマンションと違う点は主に三点あり、「家賃が安い」「居住空間が共有」「他の住人とのコミュニケーションがある」ということです。利用に際しては、目的や必要な滞在期間もそうですが、その人個人の性格的な面においても選び方が変わってきます。
まず、家賃の面で比べると、一概には言えませんがほとんどの場合でウィークリーマンションに比べてゲストハウス(シェアハウス)の方が一日あたりの滞在費が安くすみます。東京都心の一等地で比較した場合、ウィークリーマンションでは一ヶ月最低十数万円はかかるようなところ、ゲストハウス(シェアハウス)では数万円と約半値程度で住めることがほとんどです。ただ、ウィークリーマンションの場合、家電製品や家具などが全て据付となっており、個人が一部屋を利用する形態となりますが、ゲストハウス(シェアハウス)の場合は個人スペースの広さは一定ではなく、共有スペースを使っての生活となります。
また、他の住人とのコミュニケーションが必須になるという点が、ゲストハウス(シェアハウス)の大きな特徴といえます。