ゲストハウスとシェアハウスのスタイル

ゲストハウスでの心がけ

Xゲストハウス(シェアハウス)では、共同生活を送るためのさまざまな工夫が必要となります。よく聞かれる意見として「最初から厳しくルールを決めておいてほしい」というものもありますが、それでは本来的なゲストハウス(シェアハウス)という生活スタイルを全うしているとは言えません。現在の住人同士が話し合いなどにより、独自のルールを作り上げてゆくようにすることが、ゲストハウス(シェアハウス)での生活のコツです。
新しいゲストハウス(シェアハウス)に入るにあたり、大切なのは自己紹介です。共同生活においてトラブルに発展するのは、人間関係が潤滑にいっていないことが理由となることが大半です。日頃から顔を合わせて会話をしてゆくことで、注意や意見もしやすくなり、ルール作りをすることができやすくなります。
ゲストハウス(シェアハウス)の物件によっては、住人となる人がかなり多く全員となかなか顔が合わせづらいところもあります。そのような場合はまず積極的に共有スペースのリビングに顔を出すようにし、できるだけ会話をするように心がけるようにしましょう。特に入居したての頃にこうした挨拶をしておかないと、時間とともに話しかけづらくなっていってしまうので、気をつけなければいけません。
ゲストハウス(シェアハウス)には、日本人だけでなく留学生などまったく文化や価値観の違う人も一緒に住むこともあります。自分の中の壁を取り払い、相互理解に勤めましょう。